2017年12月17日



 
 
 

EN CN KR JP VN MENA
   

You Grow ~ We Buy!
Purchase Opportunity Pictures
Al Dahra Agricultural
National Hay Association

プレス・リリース

ACXパシフィック・ノースウェスト社、大統領輸出E賞受賞。

【201217日ワシントンDC】ACXパシフィック・ノースウェスト社のジョン・ゴンボスとマイケル・ゴンボスは今日、ホワイトハウスにて米商務省ジョン・ブライソン長官より、大統領輸出E賞を授与された。E賞は、米国輸出の発展拡大のために最も多大に寄与した団体に贈られる最高賞である。

ACXはアルファルファ・ヘイ、ティモシー・ヘイ、スーダン・グラス、オーツヘイなど多くの干し草やわらをワシントン、オレゴン、カリフォルニア、アイダホ、ユタ、ネバダ、アリゾナ、モンタナ、ワイオミング、コロラド、ニューメキシコ州などの西部州農家から買い付け、アジアの酪農牛、肉牛業界に輸出している。近年ではACXは干し草を中国、アラブ首長国連邦などの中近東国に輸出し始め、その商品は酪農牛、肉牛用を初め、ラクダ、羊、ヤギ用に使われている。

ACXの干し草加工施設は、ワシントン州エレンズバーグ、カリフォルニア州ウィルミントン及びストックトンにあり、シアトル、タコマ、ロサンゼルス、ロングビーチ、オークランド港などの米国主要港に出荷している。ACXは、より高まる製品需要や輸出サービス対する需要に応えるために、今後も短期、長期にわたって事業拡大を図る予定である。

米商務省ジョン・ブライソン長官は「ACXパシフィック・ノースウェスト社が、米国輸出促進に多大に貢献した会社の功績を称える大統領E賞を受賞したことをうれしく思います。」と述べ、「現在の政権はアメリカのビジネスや労働者が正当に競争できる状況を整えることに努力をしています。これはアメリカの企業が国内で商品を製造し、世界中で販売することを助けることで実現されるはずです。」と言及している。また「ACXのようなE賞受賞者はこの努力を実らせ、4年間連続して輸出量を増やし続けました。このような会社こそが、米国経済成長を助長し、より多くのアメリカ人に職場を再度与える助けになるはずです。」とも話しています。

「米国の飼料や粗飼料商品の輸出は、弊社の販売額増加の基礎であり、E賞をいただけて光栄です。」とACXの社長、最高経営責任者ジョン・ゴンボスも述べている。また「我々が1978年に干し草輸出を始めた時、世界各国は米国を今日のような動物飼料を供給する場所としては見ていませんでした。今日、アメリカ農家の手助けをする役割を果たせて誇りに思うとともに、ひいては世界の人が食べ物を摂取する助けをしていると思うと誇りに思います。」とも言及している。

ACXの販売部長、マイケルNゴンボスは「ACXが名誉ある大統領E賞を授与されると聞いてみな大騒ぎでした。感動的で愛国心に満ちた式典で賞をいただいた後、受賞の興奮はすぐに謙虚と感謝の気持ちに変わったのに気づきました。米国が持っている多くの機会に対して神に感謝します。」と述べた。

マイク・ゴンボスは続けてこう言っている。「今回の功績を支えてくれた関連グループの努力と援助も認められなければなりません。我々のパートナーであるアル・ダーラ農業会社、我々の従業員、仕入業者、政府機関、業界機関などがこの賞を受賞に一役かってくれました。USDAAPHISFAS、全米ヘイ協会、米国飼料輸出協議会など皆が、過去から未来に至るまで、現在また将来の世界中の顧客への粗飼料と飼料の輸出増加において重要な役割を果たしています。」

ホワイトハウスでの式典の後、ACXはワシントン州マリア・キャントウェル上院議員、カリフォルニア州ジャニス・ハーン下院議員及び多数党院内幹事ケビン・マッカーシー下院議員など米国代表政治家と会合を持ったが、これらの政治家(及び他の多くの人々)は、ヘイ輸出と雇用を増やすためのACXの率先した活動をこれまで十二分に援助きてくれた人たちばかりである。

米商務省、米国商業サービスの企業顧客であるACXは、輸出額を大幅に伸ばすための、輸出に関するコンサルタントサービス、見本市、市場調査、企業仲介業務などでサービスの利益を得てきた。アラブ首長国連邦と中国が、最近のACXの輸出額増加の割合の多くを占めているが、世界のその他の地域で取引を行っているのも事実である。ACXはこの4年間でかなりの輸出量の増加を記録しており、これが賞授与に大きくつながった。

75カ国以上の国々と米国108都市にある米国商業サービス・オフィスのネットワークを担う米国企業の中から、米国輸出業を最も援助した米国企業が、E賞に推薦される。E賞の最主要基準は過去4年における連続輸出成長か、他企業の輸出増加を援助することである。E賞は測定可能で、革新的、環境に優しい米国輸出増加に多大に貢献し強い影響を与えた企業に与えられる。

候補者はすべて商務省を委員長とするE賞授与委員会によって検討される。この委員会はエクシム銀行、連邦中小企業庁、農務省、労働省、国務省及び運輸省からの代表者を含む。

今年はジョンFケネディ大統領が大統領E賞を始めて授与してから50年めにあたる。大統領E賞は、アメリカ企業の商品の海外販売を奨励するために1961年の大統領令によって設立された。2番目の賞Eスター賞は1969年に商務省長官によって認可されたが、これはアメリカ輸出拡大に関して引き続き多大な功績を残し続けているE賞受賞者を認めるための賞である。